読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「長生き」が地球を滅ぼす

いや実は私も不思議だと思っていたことではあった。なんで人間は無駄に長生きなんだろうかと。子育てが終われば自分の子ども達(自分と似ているDNA)の為にもこの世から去るのが生命としての正しい戦略なのではないかと。そしてズバリ,生物学的に無駄だと書いてある本があった。

「長生き」が地球を滅ぼす ― 現代人の時間とエネルギー ―

「長生き」が地球を滅ぼす ― 現代人の時間とエネルギー ―

あの「ゾウの時間ネズミの時間*1」の本川達雄である。こちらはベストセラーになった当時,面白く読んだし,中学3年生の卒業前の授業ネタの一つとして今も使わせていただいている。
しかし,この人,どうもヘンな人だ。ところどころに自作の詞と楽譜が挿入されている。余分な話や繰り返しが多くて説得力の無い本になってしまっている。もったいない。奥付を見るとCD付の参考書*2まで出しているらしい。売れているのかな?

*1:

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

絵ときゾウの時間とネズミの時間 (たくさんのふしぎ傑作集)

絵ときゾウの時間とネズミの時間 (たくさんのふしぎ傑作集)

*2:

歌う生物学 必修編

歌う生物学 必修編