読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人情報保護法

個人情報の保護に関する法律
うげぇ〜読む気しないがメモしておいてそのうち目を通そう。
昨日から連載されている読売の記事に驚いた。というか笑ってしまった。だって,全部匿名にしていったら,「地域で子どもを見守っていきましょう」どころか,文化祭も運動会も卒業式もできなくなっていきますよ。授業中指名して答えられなかったら,「みんな目と耳をふさげ!彼の個人情報の流出を防ぐんだ」とでも言うのかな。校内でも名前は互いに秘密で出席番号とかハンドルネームで呼び合うとか。。。本名を知られることが命を握られることに等しい,呪術の世界。平安時代が現代に蘇るのかもしれない。

でも,今後笑い話で済まされなくなる恐れもあるからなぁ。

この夏休みに生徒会主催で地域の保育園に希望者が実習に行くという企画があった。挨拶と生徒の様子を見にまわったが,そのときカメラを持っていったので園長先生から色々うるさく言われた。

  • 子どもの顔を正面から撮らない
  • 撮った写真は全部チェックするのですべて見せろ

でも,カメラ向けると皆こっち向いて寄って来てしまうんですけど。で,可愛いものでついついうっかり撮ってしまいました。その写真は写っている子にあげようと印刷したんだけど,園長先生から叱られたりしてもつまらないので,渡さずに捨ててしまいました。

小学校なんかはジェンダーフリーの時も,出席簿が男女ごちゃごちゃになって大変だったらしいし。私が勤務する中学校は,その点比較的,比熱が高いのでじわじわとしか変化しない。そこらへんを都知事は「改革」して,時代の変化に即応する攻める組織にしたいのだろうけど,私は学校なんて保守的で,変化したくないよとうだうだしているのがちょうど良いと思う。